ドキュメント72時間「父島」離島だけど東京っていいね!でも宅配便が週1なのは嫌かな (#100blogs 012/100)

バショ

NHKの番組「ドキュメント72時間」好きです。

今回は「小川原諸島 週に1度の宅配便」舞台は父島でした。

インタビューに答えた女性の「離党だけど東京」って言葉が印象的でした。

ドキュメント72時間は見ごたえのある番組です

ドキュメント72時間は、毎週金曜日夜の25分番組です。

毎回、72時間ある場所で定点観察して、出会う人にインタビューをして人間模様を考察する番組です。

コマーシャルがないので、みっちり25分

なかなか見ごたえがある番組です。

昔、喫茶店の2階から人通りをぼーっと眺めるのが好きでした。

あ、今でもたまにしてますね。

72時間はさすがに無理やけど、7.2分くらいかな長くても。

「ひとりドキュメント7.2分」笑

なんか、そんなのに近い番組

マツコ・デラックスさんも大好きだそうです。

公式サイト:NHKドキュメント72時間

ドキュメント72時間 - NHK
ファミレス、空港、居酒屋…。毎回、ひとつの現場にカメラを据え、そこで起きる様々な人間模様を72時間にわたって定点観測するドキュメンタリー番組。偶然出会った人たちの話に耳を傾け、“今”という時代を切り取ります。

父島は離島なのに東京

2017年12月8日の放送は「小川原諸島 週に1度の宅配便」で舞台は父島でした。

1週間に1度やってくるフェリーで宅配便がまとまってやってくる

その配達模様を描いていました。

戦時中は陸軍の基地があって、敗戦後はアメリカの占領下になった父島

近辺の母島、兄島とともに、父島列島の一部で、小笠原村の中心的な役割を果たす島

千代田区の2倍くらいの広さに、2000人住んでいる

東京の・・・って書くのはおかしいか、父島も東京やから。

品川の竹芝ふ頭から、フェリーおがさわら丸で24時間くらいかかるらしい。

そんなに遠くても、しっかり宅配便はやってくる。

でもフェリーが1週間に1度なので、宅配便も1週間に1度だけ。

僕はちょっと嫌かな。笑

フェリーでやってきた宅配便は、2、3日かけて島中に配る。

逆にフェリーが出る前の日くらいまでに、島外に配達する宅配便を集荷する。

いわゆる旧島民はほとんど戻らず、今では8割くらいの住民が移住した人、団地もある。

「都会の人が多くて楽ですよー」って話す人も

島内のコンビニ?売店?で働く人は「離島だけど東京なので、最低賃金も東京都価格。沖縄とかでリゾートバイトするより条件はいい」

なるほどね。

父島は、温帯と熱帯の中間くらいの気候で、平均気温は21度くらいらしく、冬でも15度くらいはあるみたい。

都会にあこがれる人もいれば、島に居場所を見つける人もいる

様々なルーツを持つ人が島で歴史がつながっていく

いいね。

父島、一度行ってみたいなー。

てか、行ったことないところ、まだまだいっぱいあります。

いろいろ行きたいな。

公式情報:小笠原村・父島

父島 | 小笠原村公式サイト

松崎ナオさんのテーマソング「川べりの家」がいいんです!

別記事に書いてみました。

100ブログチャレンジに挑戦中!

この記事が100記事を目指す12記事目!
あと88記事!頑張りまーすo(^o^)o

http://nishi3.info/chiaki99/100blogs201712/

あー、良かった!
ほなまた(c_c)b

コメント

タイトルとURLをコピーしました