天満・国分寺公園「慰霊碑」は1970年に起きた天六ガス爆発事件の慰霊碑があります

天満

天満・天六界隈に住んで15年近くになります。

住み始める前に、近所に何があるのかな?とか

変な噂はないかな?とか気にしてたときに、近辺で仕事をした経験のある父親が教えてくれたのが、「天六ガス爆発事故」でした。

かなり大きな事故だったようで、慰霊碑があります。

天六ガス爆発事故慰霊碑

都島本通の地下を谷町線が走っています。
都島本通

天神橋筋六丁目駅を大川のほうに5分ほど歩いたところを北に入ると、国分寺公園があります。
天六ガス爆発事故慰霊碑 国分寺公園

道路を挟んで西側にながら国分寺があります。なので、国分寺公園なんですね。

公園の南西角に、黒石の慰霊碑があります。「地下鉄工事現場ガス爆発事故犠牲者 慰霊碑」と彫られています。
天六ガス爆発事故慰霊碑

裏には、事故の説明が彫られています。
天六ガス爆発事故慰霊碑 裏側

清掃道具がおいてあって、きちんと守っている方々がいるようです。

天六ガス爆発事故とは?

天六ガス爆発事故 (てんろくガスばくはつじこ)とは、1970年(昭和45年)4月8日夕刻、大阪府大阪市大淀区(現・北区)国分寺付近の大阪市営地下鉄谷町線天神橋筋六丁目駅工事現場[1]で起こったガス爆発事故である。

死者79名、重軽傷者420名の大惨事となった。家屋の被害は全半焼が26戸、爆風を受けての損壊336戸、やはり爆風でドアや窓ガラスが壊れた近隣の家屋は1,000戸以上ともいう。

Wikipedia「天六ガス爆発事故」より引用

かなりの死傷者がでたようですね。当時のニュース映像も残っています。

失敗事例データベースにも掲載されています。

天六ガス爆発事故 - Wikipedia

場所情報:国分寺公園

あー、繰り返されませんように!
ほなまた!(c_c)b

コメント

タイトルとURLをコピーしました