朝ドラ「わろてんか」が始まりました!吉本興業を作った吉本せいがモデルの物語

エンタメ

NHK朝の連続テレビ小説・朝ドラは、4月と10月と半年ごとに新作が登場します。

10月から始まる物語は、NHK大阪が制作を担当していて、関西にゆかりのある人物がモデルになることが多いです。

2017年10月から始まるのは「わろてんか」、吉本興業を設立した吉本せいさんがモデルです!さて、どんな物語が繰り広げられるんでしょう?

第1週のタイトルは「わろたらアカン」

トリプルてんちゃん! #わろてんか #10月2日放送スタート! #nhk #朝ドラ #葵わかな #新井美羽

連続テレビ小説「わろてんか」さん(@nhk_warotenka)がシェアした投稿 –

第1週目のタイトルは「わろたらアカン」

今日10/2初回の放送では、主人公・てんが笑い上戸だと描かれていました。

てんの兄・新一は「何にでもよう笑うということは、逆に人の悲しみにも敏感やと僕は思う」と、てんの笑い上戸が好きだと言います。

しかし、てんの実家は薬種問屋を営んでいて、人の生死に関わる商売をしている家の娘が、笑い上戸ではあかん!と、父・儀兵衛に叱られます。

ある日、父が大切なお客さんを迎えたときに、てんが笑ってしまい、お客さんを怒らせて帰してしまいました・・・

「金輪際わろたらあかん!」とお父さんに言われますが、「この笑い禁止令が、やがててんの人生を変え、運命の人とめぐり合うカギとなるのです!」とのナレーションが。

明日以降の展開も楽しみです!

人にとって笑うことが大切!

「人はどんな悲しみも苦しみも、笑うことで癒されてきたのでしょう。
そして笑うことで、顔を上げ前へ進んでいくものでございます」

そんな小野文恵さんのナレーションがありました。

確かにそうなんやろなー。と思いました。

大阪は地下鉄駅にポスターがいっぱい

朝ドラ「わろてんか」

NHK大阪制作の作品であり、関西が舞台になる作品なので、大阪の地下鉄駅には、わろてんかのポスターがいっぱい張り出されています。

わろてんかの下についている「さいとう・たかを ゴルゴ13」の展覧会も気になります!笑

他にも、放送開始前から、公式サイトの更新やInstagramなどのSNSが更新されています。

わろてんか公式サイト

わろてんかの公式サイトは、視聴率参加型!だそうです。

わろてんか公式サイト:http://www.nhk.or.jp/warotenka/

主題歌は松たか子「明日はどこから」

松たか子さんの曲は久々な気がします。

♪出かけるときに忘れ物
ひょっとつかむハンカチのように
心の中に滑り込む一番小さな魔法
泣いたり笑ったり、今日も歩き出す

なかなか、朝にぴったりの曲です。

オープニング画面では、通天閣、大阪城などのイラストが登場します。大阪制作って感じですね。

しばらく朝ドラ見てませんでしたが、今回の作品は見てみようかな。

あー、これから楽しみ!
ほなまた(c_c)b

コメント

タイトルとURLをコピーしました